みなさんは、食べなければダイエット出来ると思っていませんか


 以前にも書きましたが、食事制限をすればそれなりにはじめの内は体重が下がり始めますが、そのまま食事の楽しみを取り上げて我慢し続けると、今度は大変なことに制限したカロリーでも生命を維持しようと、その人の基礎代謝量を下げてしまいますょ

 例えば、日頃から2000kcalを摂っていた人が、ダイエットしようと1000kcalの食事にしたとしますと、しばらくするとその1000kcalでも十分に生きていけるように基礎代謝量を落として、そのカロリーでも十分に生きていこうとするのが人の生理のメカニズムなのです

 これが食事制限の限界なのですね。たしかに二、三ヶ月の間には体重が順調に下がりますが、それから先が下がらないということとなってしまいます。ここから先は、リバウンドの世界がはじまります。基礎代謝量がそもそも下がれば下げたカロリーでも十分に生きていける体になってしまいますから、今度はちょっとでも食べ過ぎれば以前よりもずっと早く肥ることになります。

 極端な話、毎日2000kcalを摂っていた人が、チョコレートを200kcalをたまたまオーバーして摂っても大して体重に影響はありませんが、1000kcalに落として基礎代謝量の降下を気づかないままその人が200kcalのソフトクリーム一個食べた瞬間に、肥ってしまう現象がおきてしまうのです
基礎代謝量はエネルギー消費量を節約する機能が働き下がっているのですから、当然、エネルギーがダイエットの食事制限前以上に余るということは、自明の理ですね。これだけで、もと以上に体重はあがり始める要因になります。


ですから、そんな辛いダイエットの方法は止めてほしいのです。


 正しいダイエットは、その人それぞれの健康的でビューティーな理想の体重があります
それに気づけばいいのです。それぞれの体重以上にものは無駄な体重なので、それが脂肪の増加の原因なのですから、それを体に付けないようにすることはもちろん、体に付いた無駄な脂肪も落とすことがダイエットなのですよ

それはやたらと食事を減らすことではありません
無駄な脂肪を燃やして落とすためには、食べるということでできるのですよ
それには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養が必要なのです
それらを食べて摂取してこそ、脂肪を燃焼するダイエットが出来ます。


だから、正しくダイエットするには、栄養バランスのとれた食事を摂取をしないとなりませんよ

【全額返金保証付き!】簡単すぎる部分やせ&即やせ!非常識な「食べるほど痩せる方法」とは!? ★体質改善ダイエット・部分やせ強化版(冊子版)★


みなさん、献立のポイントは分かりましたか、そして、ダイエット献立は、うまく作っていますか


健康的で美しくダイエットするコツは、その献立次第で決まってきます。これまで、献立の立て方は食事療法で使われている食品交換表を用いてこそ、それが可能だと言えます。
ここではもう一度そのおさらいです。



?まず、自分の現在のBMI(肥満指数)の確認をします

例えば二十代後半から三十代のOLで、身長が155cm体重が60kgとすると、

60kg÷(1.55m×1.55m)=約25 ・・・肥満と思ってください


?ダイエットの理想体重をBMI=21として計算します(日本人はBMI=20~22.9が正常値)

1.55m×1.55m×21=約50.5kg これが理想体重で、現在9.5kgオーバーです


?理想体重の人の維持するための摂取カロリーがダイエット目標のカロリーになります。その摂取カロリーとは、一日の食事量のことです

式は、理想体重×身体活動量(体重1kg当たりのエネルギー消費量)=○○○○kcal

(1.55m×1.55m×21)×27.5kcal/kg=1388.8kcal


?このダイエット目標の一日当たりの摂取(消費)カロリーを単位に置き換えます

1388.8kcal÷80kcal=約17単位


?この単位を栄養バランスのある一日の食品交換表に置き換えます

ダイエット目標 17単位の表です

     表1 表2 表3 表4 表5 表6  調味料
 朝食  2.5     1.0    0.5  0.3
 昼食  2.5     1.5    0.5  0.3
 夕食  2.5     1.5    0.5  0.4
 間食     1      1.4  
 計   7.5  1   4  1.4 1.5   1   0.6 =17単位


※各表の見方です
  表1のグループは、穀類、イモ類、豆類など
  表2のグループは、果物類
  表3のグループは、肉、魚、魚介、卵、大豆、チーズなど
  表4のグループは、牛乳と乳製品
  表5のグループは、油脂類、多脂性食品
  表6のグループは、野菜、海藻、きのこ、こんにゃくなど 




このようになります、そしたら出来るだけ忠実に献立を考え、実行するように心がければ、必ず、時間はかかりますが健康でビューティーなダイエットが出来ます。これが、無理をしなくてもいいダイエットの方法なのですよ
そして、それは肉体的にも精神的にもストレスにならない無理のない方法なので、長続きします。それがダイエットのコツなのです。

みなさんも、自分の今の体重、理想の体重、ダイエットの目標の体重を計算してみてくださいね
できたら、?~?まで計算してみてくださいね


  レシピが参考になるサイト→ 楽しくダイエットしよう!!ダイエット食事


次回は、まだ献立が十分に理解されないと思いますので、具体的に書いていく予定ですので、お楽しみに、、、

【全額返金保証付き!】簡単すぎる部分やせ&即やせ!非常識な「食べるほど痩せる方法」とは!? ★体質改善ダイエット・部分やせ強化版(冊子版)★


献立の立て方については、栄養バランスを取りながら計画するのがダイエットのコツです。
それには、食事療法で使う食品交換表をうまく利用するのがベストなのです


それでは、夕食の主菜を「なすのひき肉炒め料理」にしてダイエットの献立を考えて見ましょう

まず、?主食のご飯の量を決めておきます。これは食品交換表では表1に当たります。
?次に汁物ですが、今回はあさりの味噌汁にしました。前回同様の25-30kcalです。

そして、?副菜にブロッコリー(1/4株)の酢醤油和えにしましょう。この副菜は20kcalです。
このブロッコリーは緑黄色野菜です。それにだし汁と醤油と酢を混ぜてかけたものにしましょう。
くれぐれもマヨネーズを付けて食べたりしないでくださいね。マヨネーズは油脂類です。主菜の炒めもので油脂類を摂取しますので取りすぎてしまいます。
栄養バランスを考えたダイエットでは、危険なことですょ
ブロッコリーは、みなさんもご存知のようにビタミンCがいっぱいありますょ。イチゴの2倍、みかんの4倍。それに鉄分やカルシウム、カリウム、リンそれにカロチンなど他の野菜とは桁違いに入った栄養価の優れた食品です

?主菜のナスのひき肉炒め料理の材料ですが、ナスは1個半(100g)に豚挽き肉(50g)と赤味噌、醤油、みりん、スープです。これをまともに作ると340kcalなので、ダイエット目標カロリー1300kcalの方は、炒めるサラダ油を小さじ2杯で作ってください。食品交換表の表3の肉類として豚挽き肉(50g=110kcal)がこれに当たります。

この場合、表3で約1.5単位ですが、昼食などで調整しておけばいいのです。一日の内でその程度の交換は
やむをえないことなのです。

これでもダイエットは出来ます、、、どうですか、栄養バランスは良く取れていると思いませんか。
野菜も緑黄色が入ってますし、ナスの炒め物で満腹感もありますし、たんぱく質もしっかり取れています。

これが食品交換表からできるダイエットのコツなのですよ。

    ではでは、また、次回です

【全額返金保証付き!】簡単すぎる部分やせ&即やせ!非常識な「食べるほど痩せる方法」とは!? ★体質改善ダイエット・部分やせ強化版(冊子版)★


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。