では、これから、ダイエットの食事の正しいやり方に大いに参考になる糖尿病の食事療法について、これから少し書いてみます。

糖尿病の食事療法といってもそんな難しいことではないのですよ。
すでにダイエットを正しくしている方なら、多分やられていることなのです。

それは、体に必要で、かつ最低の食事量を守って健康を保つということなのです。

1) 自分に合った摂取カロリーを守ること
2) 栄養バランスのとれた食事をすること



これが食事療法で欠かせない約束なのです。これだけです。
どうですか、みなさん、ダイエットの食事と変わらないと思いませんか。これは健康食と変わらないのです。ただ、糖尿病患者は医者よりカロリーが決められるというだけです。

この食事療法をダイエットに活用しない手は無いでしょう

そしてダイエットの場合は、前にも書てきました目標のあるいは理想の摂取カロリーに置き換えればいいことだけなのです。
食事療法とダイエット食との違いは、意外と無いと思いませんか。

で、一番の自分に合った摂取カロリーについては、すでに理想体重から摂取カロリー求めてますから、クリアできていると思いますが、二番目の栄養バランスのとれた食事については、先にも書きましたが守られていない方が多いのではないでしょうか、と言うよりは意外に知らないという方が多いのではないのでしょうか

栄養バランスって何、、、、実は、これが食事療法の基本なので、、、、

三大栄養素のタンパク質、糖質(炭水化物)、脂質(脂肪)をバランス良く摂取するということです。
そうです、過食や偏食はしてはならないということです。この食事療法といいますか、健康食に欠かせないのが、食品交換表という教科書なのです。健康なみなさんには聞きなれない言葉と思いますが、食品交換表は糖尿病の患者のみなさんは、すでに知っていてそれを実践しているのです。

参考までに、この本は日本糖尿病学会が編集して日本糖尿病協会が発行しているものです。ですから、ちょっと手に入りにくいものですね。患者になれば否が応でも持つことになるのですが、、、、
 もし一度見てみたいのであれば、インターネットで調べれば出てくると思いますが、、、

  では、またまた、次回ですね
スポンサーサイト

【全額返金保証付き!】簡単すぎる部分やせ&即やせ!非常識な「食べるほど痩せる方法」とは!? ★体質改善ダイエット・部分やせ強化版(冊子版)★


Secret

TrackBackURL
→http://kaaa.blog82.fc2.com/tb.php/39-0100184c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。