さぁ、いよいよ、これからダイエットのツボに入っていきます。

で、この前のつづきからになります。

一般的な活動強度について、一応知っておくと便利です。

以下の係数は、基礎代謝量を1.0としての算定されている数字です。で、この場合の基礎代謝量と書きましたが、分かりやすく言えば人が安静にしている状態、眠ったままの状態ぐらいに考えたほうがいいですね。その人が以下のようなことをした場合の計算する目安の数字が右側の数字になります。

歩く場合だけでも
 料理など  1.3
 買い物や散歩 2.2
 速歩    4.5
 階段下りる 4.0
 階段上がる 5.8
運動ですが
 バレーボール9人制 3.0
 ソフトボール平均 3.5 
  投手      4.0
 キャッチボール  4.0
 ゴルフ    4.0
 自転車普通  3.6
 サイクリング 4.4
 ラジオ体操  4.5
 エアロビクス 5.0
 ハイキング  5.5
 卓球     6.0
 バトミントン 7.0
 登山のぼり  9.0
 サッカー   8.0
 水泳平泳ぎ  11.0
 水泳クロール 21.0
※これらの数字は、基礎代謝量を1.0として算定されています。


以上は、一般の生活時間の中の一部ですから、このままで計算しづらいので、ここからは、摂取カロリーの算定を、職業別の労働量からの算定をします。そして、この計算がダイエットのための目標のカロリーになります。

一日当たりの体重1kgの活動量です
寝たきり状態の安静状態の人   20-25キロカロリー
一般事務員、店員、教員、主婦  25-30キロカロリー
徒歩や自転車での販売員、配達員 30-35キロカロリー
農林水産従事者         30-35キロカロリー
肉体労働者、スポーツ選手    35キロカロリー以上
 
これに標準体重を掛ければ、必要な摂取カロリー(食事量)が算定されます

あなたは、これからダイエットする前に、まず、あなたの目標の一日の摂取カロリーを知らなければなりません。それには、事務員や家庭の主婦だったら、自分の体重に25-30キロカロリーを掛ければ出ると思っては誤りです。ここでは、事前に標準体重を調べておかないとなりません。

スポンサーサイト

【全額返金保証付き!】簡単すぎる部分やせ&即やせ!非常識な「食べるほど痩せる方法」とは!? ★体質改善ダイエット・部分やせ強化版(冊子版)★


Secret

TrackBackURL
→http://kaaa.blog82.fc2.com/tb.php/34-4e7cf978
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。