前回まで、食事制限の限界が人の生理というメカニズムの中にあるということでした。実は、この生理とうまくやっていくことで、ダイエットは出来るということなのです。

では、これからそれについて見ていきます。

それは、基礎代謝からはじまりますので、この話にもどります。

男性 15-17歳の頃、女性 12-14歳の頃の運動量と現在の自分を比較してみましょう。一目瞭然で運動量は減っています。それに加え、かたや若い頃の成長期の食事量はある程度過食しても成長に必要なエネルギーとして使われるので肥るということはありませんが、年齢とともに成長も止まり、基礎代謝量も減っているのですから、当然、一日に必要なエネルギー所要量も減っていいはずです

ここで話はちょっとそれますが、成長期の体重増加に必要なエネルギー量について調査資料がありますので、参考まで、、、、
男性 12-14歳の一日当たり体重の増加量は14.0グラム成長
女性 9-11歳の一日当たり体重の増加量は12.8グラム成長

その成長を促すためのエネルギー量ですが、、、
男性12-14歳の場合は、37キロカロリーが必要になります
女性9-11歳の場合は、34キロカロリーが必要になります
この分を加えるということになります。

つまり、この場合の男性の体重14グラムの増加に必要なエネルギー量は、37キロカロリー必要ということは、体重1グラム当たり2.64キロカロリー、女性の体重12.8グラム増加に必要なエネルギー量は、34キロカロリーなので、女性は体重1グラム当たり2.66キロカロリーということになりますが、、、、これは、体重という単純な成長に必要なカロリーという誤った計算です。ですから、これをダイエットの数字に利用して女性の場合、体重1キログラム減らそうと2.66×1000=などと考えないでくださいね。

 
で、話はもとにもどし、、、


まず、あなたは、これからダイエットする前に、まず、あなたの目標の一日の摂取カロリーを知らなければなりません。

ダイエットするにしても、その人それぞれの生活形態があります。それぞれの生活形態の中で必要なエネルギーを算定し、人それぞれの適切な目標とするカロリーを知ることになります。

そして、人それぞれの年齢、性別、身長、体重などから、基礎代謝量が出ます。また、人それぞれの生活形態から生活活動強度指数が出ます。それを掛け合わせると、その人の一日の摂取量とするカロリーが求められます。

さあ、一緒にダイエットしていきましょう。(^_-)-☆
                        ---次回へ
スポンサーサイト

【全額返金保証付き!】簡単すぎる部分やせ&即やせ!非常識な「食べるほど痩せる方法」とは!? ★体質改善ダイエット・部分やせ強化版(冊子版)★


Secret

TrackBackURL
→http://kaaa.blog82.fc2.com/tb.php/33-57225345
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。